Midori Mitamura

三田村光土里

 
 

 

Memories always keep going away from my head leaving only impressions in my mind.

Even records and historical facts also do not present memories but only produce impressions. Cutting out the outlines of reminiscences, the emotions that once stayed there are reflected onto the shaped silhouette as the impressions.


I make artworks by skimming only impressions from everyday afterimages that are losing those shapes. Drawn by emotions extracted from people living in foreign countries, people who lived in the past, and also my life and the people around me, I am imaging the presence of absence that are drifting around. Trails of awkward endearing emotions that are close to everyone's lives beyond any cultural differences and borders just appear there.

 

The combinations of ideas I come upon accidentally and a variety of materials such as photos, images, music, language, old clothes and second hand goods, draw "a personal drama which people can venture into" in the art space. This space depicts incomprehensible intertwining of personal consciousness that freely travels back and forth between the boundaries of reality and fiction.

 

The room like an intimate atmosphere or ambiguous stories represents illustrations with critical points of view to reveal various issues among our societies, human lives and histories. And then people also reflect their inner stories into my artworks, while those memories are losing their form and only the impressions remain.



 記憶は日々頭の中から消えて行き、印象だけが心に残される。記録や史実も、記憶は不在のまま、印象だけが生み出されて行く。思い出の輪郭は切り取られ、そこに形取られたシルエットには、かつてそこに在ったはずの感情が印象として投影される。

わたしのつくるものは、形を失った日々の残像から印象だけをすくい取る。異国の地に生きる人々や過去に生きていた人々、今を生きるわたしや周り人々の日常が表出する感情を手掛かりに、そこに漂う不在感を映し出だそうとしている。そこに現れるのは、文化的差異やあらゆる境界を越え、誰の人生にも寄り添っている、不器用で愛しい日常の細々とした感情や記憶の痕跡だけだ。

偶然に巡り合った気づきと、写真、映像、音楽、言葉、古着や古道具などを組み合わせて出来上がる空間には、現実と非現実との境界を自由に往き来する、ひとの不可解な意識の交錯が「人が足を踏み入れられるドラマ」のフレームワークの上に描かれる。

親密な空気感や結びの無い私小説の挿話のような空間は、生活や歴史の中に浮かび上がる社会の問題を、ときに批判的な眼差しを持って演じ、そしてそれらを観る人々もまた、それぞれの内面に現れる物語をそこに投影してく。その記憶もやがて姿を失い、印象だけが残されていく。 


記憶はやがて消え、印象だけが残る。
わたしのつくるものは、形を失った日々の記憶の残像の輪郭をなぞる。思い出は輪郭ごと切り取られ、そこに残されたシルエットは、かつてそこに在った感情の不在を投影し、印象がそこに生まれる。記録や史実も、記憶は形を留めず、印象だけが残されていく。異国の地に生きる人々や過去に生きていた人々、今を生きるわたしや周り人々の日常が表出する個人的な物語から、そこに漂う追憶の不在感を映し出だそうとしている。わたしの眼に映るものは、文化的差異やあらゆる境界を越え、誰の人生にも寄り添っている、不器用で愛しい日常の細々とした感情や記憶の痕跡だけだ。写真、映像、音楽、言葉、古着や古道具など、偶然に巡り合った気づきと材料で構成される空間は、親密な空気感や、結びの無い私小説の挿話を観る側に想起させ、現実と非現実との境界を自由に往き来する、ひとの不可解な意識の交錯を「人が足を踏み入れられるドラマ」のフレームワークの上に描こうとしている。空間に置かれる小さなモノたちは、生活や歴史の中で浮かび上がる社会の問題を、ときに批判的な眼差しを持って演じ、そしてそれらを観る人々もまた、それぞれの内面に現れる物語をそこに投影してく。その記憶もやがて消え、印象だけが残されていく。
記憶はやがて消え、印象だけが残る。
わたしのつくるものは、形を失った日々の記憶の残像の輪郭をなぞる。思い出は輪郭ごと切り取られ、そこに残されたシルエットは、かつてそこに在った感情の不在を投影し、印象がそこに生まれる。記録や史実も、記憶は形を留めず、印象だけが残されていく。異国の地に生きる人々や過去に生きていた人々、今を生きるわたしや周り人々の日常が表出する個人的な物語から、そこに漂う追憶の不在感を映し出だそうとしている。わたしの眼に映るものは、文化的差異やあらゆる境界を越え、誰の人生にも寄り添っている、不器用で愛しい日常の細々とした感情や記憶の痕跡だけだ。写真、映像、音楽、言葉、古着や古道具など、偶然に巡り合った気づきと材料で構成される空間は、親密な空気感や、結びの無い私小説の挿話を観る側に想起させ、現実と非現実との境界を自由に往き来する、ひとの不可解な意識の交錯を「人が足を踏み入れられるドラマ」のフレームワークの上に描こうとしている。空間に置かれる小さなモノたちは、生活や歴史の中で浮かび上がる社会の問題を、ときに批判的な眼差しを持って演じ、そしてそれらを観る人々もまた、それぞれの内面に現れる物語をそこに投影してく。その記憶もやがて消え、印象だけが残されていく。
記憶はやがて消え、印象だけが残る。
わたしのつくるものは、形を失った日々の記憶の残像の輪郭をなぞる。思い出は輪郭ごと切り取られ、そこに残されたシルエットは、かつてそこに在った感情の不在を投影し、印象がそこに生まれる。記録や史実も、記憶は形を留めず、印象だけが残されていく。異国の地に生きる人々や過去に生きていた人々、今を生きるわたしや周り人々の日常が表出する個人的な物語から、そこに漂う追憶の不在感を映し出だそうとしている。わたしの眼に映るものは、文化的差異やあらゆる境界を越え、誰の人生にも寄り添っている、不器用で愛しい日常の細々とした感情や記憶の痕跡だけだ。写真、映像、音楽、言葉、古着や古道具など、偶然に巡り合った気づきと材料で構成される空間は、親密な空気感や、結びの無い私小説の挿話を観る側に想起させ、現実と非現実との境界を自由に往き来する、ひとの不可解な意識の交錯を「人が足を踏み入れられるドラマ」のフレームワークの上に描こうとしている。空間に置かれる小さなモノたちは、生活や歴史の中で浮かび上がる社会の問題を、ときに批判的な眼差しを持って演じ、そしてそれらを観る人々もまた、それぞれの内面に現れる物語をそこに投影してく。その記憶もやがて消え、印象だけが残されていく。